2005年10月03日

ブックバトンが回ってきました^^

 今度は、たかさんから回ってきました(笑)

 んで、トラックバックしときましょ。。

 ちなみに、こんなことを以前は書いておりました。。2005年7月9日記
(少し、前と変わってるとおこもあるので、新しく書き換えました〜
赤文字になっております。)


紫のおっさんから、ブックバトンが回って来たんで、やってみた^^

 持っている本は?

 持っている本ね〜
赤川次郎、アガサ・クリスティーなどのミステリー。
林真理子、森瑤子、渡辺淳一の恋愛小説、エッセイ。
田中芳樹の「銀河英雄伝説」「創竜伝」
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」「燃えよ、剣」
吉川英治の「三国志」

 今読みかけの本は?


 さだまさしの「解夏」
ほったらかしだ(^^;
 
 今、江国香織の本も読みかけ中。。
 
 最近買った本は?

 「クロスファイア」上下 宮部みゆき
前から気になってたんで、図書カード500円分を使い、ようやく買いました〜〜

 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

 アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」
これ高校の時に読んだのだけれど、衝撃的だった。
こっから、はまったなぁ。。。

 エラリィー・クイーンの「Yの悲劇」
もうストーリーはあまり覚えてないけど、ショック受けたのは、覚えてる。。

 田中芳樹の「銀河英雄伝説」
10巻までの長編を買ったのは、初めてかも??
戦闘シーンは文章で読んでもわからなかったけど(^^;;;

 小中高は、よく図書館の本借りて読んでたけど
大人になったら買わなきゃいけないのがもったいなくて、
しばらくは読んでなかったな〜
でも、ここんとこ、またぼちぼち読んでるかな^^

 では次の方にお願いします。


 というわけですが、今回は、ここで止めさせていただきます<(_ _)>
もし、興味があってやってみたい方は、どうぞ受け取ってください^^
posted by まー at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

宮部作品

 クロスファイア(上)

「クロスファイア」上下
 四人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。その男を“始末”するために。目撃した青木淳子は、力―念力放火能力を放ち、三人の若者を炎上させる。しかし、残る一人の若者は逃走。淳子は、息絶えた男に誓う。「必ず、仇はとってあげるからね」一方、現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた!話題の超傑作、ついに登場。

 

 ラストが悲しい。。
やっと自分と同じような人とめぐり合い、気持ちが通じたかと思ったのに、、、
あんな裏切られ方をするなんてね。

 正義という言葉の元に犠牲は付き物??
正体がばれたからと殺してしまったり・・・
巻き添えを食う周りの人。

 法では裁けないこともあるので、むずかしい・・・
ただ力を持つことで、利用されたり、邪魔にされたり・・
好きでそんな力を持ったわけでもないのにね。

 この話には、前の話があるらしい。
posted by まー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

読書した〜

 「魔術はささやく」著者 宮部みゆき
 
それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた…。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

 三人の犠牲者には共通点があった。
そして、残る最後の女性。
現代にあった殺人の動機とちょっと非現実っぽい殺人方法が、うまくミックスしてる。
(いろんなことも、うまく絡んでるんだよね)

 この作品は個性のある人がたくさんでてきて、面白い。
最後は、ちょっとほろりとした。
謎解きより、人間が面白いかも。。
posted by まー at 16:57| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。