2005年10月15日

王女メデイア

 「王女メデイア」(ク・ナウカ) 教育テレビ 芸術劇場
 前から王女メディアを見たいと思ってたので、見てみた。
(多分、王女メディアの話を基にしてると思ってたから)

 まず、異様な雰囲気に驚いた。
麻の袋をかぶった女性たち。
そして、品定めをする男性たち。

 設定は、明治時代。
小料理屋で男たちが余興としての劇中劇のようだ。

 語る人は男性陣。
演じるのは女性陣。
男性が女性の言葉を使うのだが、意外と迫力もあり、面白い。
しかも女性陣は能面のよう。。。
男性陣の言葉に操られてるかのようだ。

 王女メディアというギリシャ悲劇は、愛する男のために家族を捨て
(弟を殺し)
その愛する男に裏切られた復讐として、その男との愛するわが子を殺す話。

 何度も女とはおろか、などと女性蔑視のセリフが。
それが、また明治時代の設定に合うのだ。

 ラスト。
今まで、男性の思うままに動いてた女性たちが、突然逆らい始め、
男たちを殺してしまう。
また、衣装が今までと違って、赤いドレスで登場。
思わぬ展開に驚いた。
衝撃的なお芝居だった。。
posted by まー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。