2005年08月29日

宮部作品

 クロスファイア(上)

「クロスファイア」上下
 四人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。その男を“始末”するために。目撃した青木淳子は、力―念力放火能力を放ち、三人の若者を炎上させる。しかし、残る一人の若者は逃走。淳子は、息絶えた男に誓う。「必ず、仇はとってあげるからね」一方、現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた!話題の超傑作、ついに登場。

 

 ラストが悲しい。。
やっと自分と同じような人とめぐり合い、気持ちが通じたかと思ったのに、、、
あんな裏切られ方をするなんてね。

 正義という言葉の元に犠牲は付き物??
正体がばれたからと殺してしまったり・・・
巻き添えを食う周りの人。

 法では裁けないこともあるので、むずかしい・・・
ただ力を持つことで、利用されたり、邪魔にされたり・・
好きでそんな力を持ったわけでもないのにね。

 この話には、前の話があるらしい。
posted by まー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。