2007年05月01日

「リミット」

 「リミット」 野沢尚 著

 

 連続幼児誘拐事件の謎を追う警視庁捜査一課・特殊犯捜査係勤務の有働公子。
婦人警官でなく、一人の母親として事件の当事者となってしまった彼女は、
わが子を取り戻すため、犯人のみならず警視庁4万人を敵にまわすことに…。
驚愕の展開、そして誰も予想だにしなかった戦慄の結末。
ミステリーの到達点。


 野沢尚のドラマは、よく見てたけど、小説は初めて。
ネット友に勧められて、読んでみた。

 この小説に出てくる女性は、みんなすごい。
母親の婦人警官は、子供のために警察を裏切ることとなる。
犯人の女性は、子供のころの家庭環境で、ひねくれた性格に。
子供が産めないかもしれないということも、
関わってくるのだが、最後に・・・

 さらに、ある人物も関わってたのだが・・・
自分の子供さえ助かればいいのか?
母親としての同じ痛みを感じないのか?

 と、女ってすごいっていうか、こわいというか・・・
そんなお話でした。

 リミット
posted by まー at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、確か安田成美のドラマであったんだよね。
野沢尚、私も好き。
おすすめは、砦なき者。これ妻夫木君でドラマにもなったんだけど、いいよ〜。まーは観た?
Posted by ruru at 2007年05月02日 00:04

 >ruru

 このドラマは、見てないわ(^^;;
今、「恋人よ」読んでる〜
その次は、「砦なき者」読んでみるね。
このドラマは見てないな。。

 私が見たのは、「眠れぬ森」「眠れぬ夜を抱いて」「氷の世界」かな〜

 
Posted by まー at 2007年05月03日 10:57
恋人よもドラマ化してるよ〜。
私の好きな佐藤浩市で(笑)
砦なき者は、単発の2時間ドラマだったと思う。
Posted by ruru at 2007年05月04日 00:03

 >ruru

 「恋人よ」は、途中まで見たかな?
岸谷吾朗が苦手なので、止めた・・・

 佐藤浩市も、昔は苦手なタイプだったけど、
30代になってからは、素敵に思えるようになった^^

 好みも、年とともに変わっていくのかも。。
Posted by まー at 2007年05月04日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。