2007年01月28日

ギリシャ悲劇「オレステス」

 ギリシャ悲劇「オレステス」

 舞台は古代ギリシャ。
神アポロンに従い、父を不倫相手と共謀して
殺害した母に報復すべく自らの手で殺したオレステスは、
復讐の女神に取り憑かれ身も心もズタズタになっていた。
理由はどうあれ、身内殺しは大罪。
死刑宣告は免れそうにない。
幼い頃からかわいがってくれた祖父テュンダレオスにも見放され、
頼りの叔父メネラオスにも見捨てられてしまう。
味方は、姉エレクトラと親友ピュラデスのみ。
2人のアドバイスで、そもそもの災いの元凶メネラオスの妻ヘレネを殺して
巻き添えにしようと思い立つ。
果たして、オレステスのレジスタンスは成功するのか……?


 http://www.wowow.co.jp/stage/orestes/


 ギリシャ神話が好きなので、見てみた。
(藤原竜也も好きだし)
でも、オレステスって名前ってあまり覚えがない(^^;
姉のエレクトラは聞いたことあったんだけど。

 ギリシャ悲劇って、親殺し、母殺し、子殺しが多くて、
名前もなかなか覚えきれない。

 この話には、「トロイア戦争」もからんでいて、飽きることなく見れた。
(私の記憶では「トロイ戦争」だったんだけど、一緒よね?)

 ほとんど話を知らなかったので、ワクワクした。
だって、もうオレステスたちは、死んでしまうのではないか?
って思ってたら、ピュラデスがすごい思い付きをするんだもん。
さらに、エレクトラも話に加わり、
さっきまで落ち込んでたのが、うそのよう。
最後は、うまくまとまるのだが。。。

 しかし、藤原竜也って、あんなに顔丸かったっけ???
「デスノート」の時には、そんなに感じなかったのだが。。
なんか、狂気にさいなまれ、今にも死にそうな役なのに、
違和感が、、、
体はけして、太っていないんだけどね。

 気に入った役者さんは、北村有起哉。
友情のために、死を共にしようとするが、
最後まで策略を練る策士。
クールでありながら、熱いやつっていいわぁ〜〜〜

 あと、ヘレナ役色っぽいなって思ってたら、
香寿たつきだった。
ヅカの時と雰囲気が違う〜〜〜〜
やはり、存在感があるわけだ。

 このお芝居見たら、久々にギリシャ神話読みたくなったなぁ。

 

posted by まー at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

浦崎浩實さん「オレステスのように」プレゼント
Excerpt: キネマ旬報などでご活躍、わがメールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」にプレ創刊号からずっとご参加いただいている激評家(映画評・劇評)・浦崎浩實さんからプレゼントのお知らせです。日本最南端の地の..
Weblog: 試写室だより ただいま編集中!
Tracked: 2007-02-07 09:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。