2011年10月18日

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

吉田大八
アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008-02-22

意外に面白かった。北陸が舞台なので、方言も親しめる。
永瀬君が一番可愛そうだったかも・・・。
posted by まー at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。