2011年09月04日

「晩夏の舞」


 8月31日(水) 北国赤羽ホール 昼 バルコニー席 夜 6列目

 夜公演は、もともとチケットを買ってあった。
(太一の公演のために赤羽会員になったのだから。)

 昼公演、迷ってた。
でも、ネットでの感想読むと、
ものすごく高評価。
ファンが書くのだから、当然なんだけど
今までで一番いいとか、何度も観たい、DVD化してほしいなど。

 それなら、私も2回観ちゃおう、っと。
チケット取れたので♪

 白の衣装の太一登場。
天女のよう。
昼公演は、ここでもう感動。

 その後、ラテンのリズム、演歌などと音楽が変わっていく。
上物を変えただけで、雰囲気の変わる太一。
夜は「胡蝶の夢」に感動。

 驚いたのが、ゆうきくん。
イケメンになってた〜〜〜
3年前、始めて見た時は、まだ子供だったのにねぇ。
踊りもうまくなってた。

 尺八、琴、太鼓の競演。
昼公演では、バチが飛んじゃうほど。

 一人、ダンサーで気になる人を昼に見つけたので、
夜は、しっかり観ようと思ってたのに、
ゆうきに目が行ってしまったのよねぇ。

 バルコニー席の扉から、ゆうき登場。
反対側からは太一。
すごい、テンション上がったよ!

 途中でも、舞台降りて、後ろの方まで行ってたし、
こういうのって、ほんと嬉しいよね〜

 太一とゆうきの剣技もかっこよかった!

 最後の紹介で、バルコニー席での太鼓から
ダッシュで降りてくる大和にズキューン♪

 太一、劇団朱雀これからも応援しよう!っと。

 お芝居続けて、2本観るのは私はダメだろうけど
踊り、歌はOKかもしれないな。

 やはり、これってDVD化してほしいものです。。


posted by まー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 早乙女太一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック