2006年08月04日

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」読み終わった〜〜

 主役3人の恋の行方に決着がつき、一安心と思ったら・・・
辛いなぁ〜〜<ハリー

 そして、謎のプリンスの正体がわかったのだが、思いがけない人!!!
あの人は信用できるのか、できないのか??

 私には、ほんとに死んだのか信じられず・・・
あの人もまたほんとは裏切ってないのではないかと思ってるのだが。
7巻を待つしかないのよねぇ。。。

(送料無料)書籍:ハリー・ポッターと謎のプリンス
 
 (送料無料)書籍:ハリー・ポッターと謎のプリンス
posted by まー at 21:11| Comment(4) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 >英語の本を原書で読みたい! さま

 TBありがとうございます〜
原書で読めるとは、すごいですね!

 きっと、翻訳ではわからない細かいニュアンスが伝わってくるでしょうね〜
Posted by まー at 2006年08月06日 12:08
まーさん、こんにちは。
原書だとローリングの文章が直接読めて面白いです。ローリングは、英語での言葉遊びも多いので翻訳は大変だと思います。
松岡さんは今別のことでも大変でしょうが、7の翻訳がどうなるのかも気になります。
Posted by はにまる at 2006年08月06日 14:17
ご無沙汰!しております。
お祝いコメント
ありがとうございました^^

ハリーポッターは全然読んで
ないんだよね。完結したら1巻から
読んでいこうかなー
Posted by てじお at 2006年08月06日 16:19

 >はにまるさん

 そちらのサイト見させていただいたら、
久々に英語の勉強したくなりました^^

 高校の頃、一度だけクリスティを原作で読んだことしかなかったですが(^^;

 >てじお

 おひさしぶり〜〜
久々にのぞいたら、第二子誕生の記事があったんで^^

 まとめて、読んだほうがストーリーわかりやすいかもね〜〜

 なんせ、私けっこう忘れてるんだもん・・・
Posted by まー at 2006年08月07日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ハリーポッターと謎のプリンス』ネタバレ感想文!〜マルフォイそしてダンブルドア...
Excerpt: 『ハリーポッターと謎のプリンス[:読書:]』発売ということで、完全ネタバレ感想文を書きます[:祝:]。私は原書で読んだのですが、正直ハリーポッターシリーズで泣けたのは『ハリーポッターと謎のプリンス』だ..
Weblog: 英語の本を原書で読みたい!
Tracked: 2006-08-04 21:51

can't get enough of
Excerpt: ロンの家には、ただ今客人がいます。 それも、とっても美しい女性! でもその女性は、ちょっと(どころじゃなく)協調性に問題があり、 ウィーズリーおばさんや、ギニーたちとうまくいっていません。
Weblog: あなたもサクサク洋書読破!〜「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
Tracked: 2006-08-25 14:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。