2009年07月09日

回廊亭殺人事件


 
「回廊亭殺人事件」 東野圭吾


 一代で財を成した一ケ原高顕が死んだ。
妻子を持たない高顕の莫大な財産の相続にあたり、
彼の遺言状が一族の前で公開されることになった。
公開場所は旅館“回廊亭”。
一族の他には、菊代という老婆が招待されていた。
だが、菊代の真の目的は、
半年前に回廊亭で起きた心中事件の真相を探ることだった…。
その夜、第一の殺人が。
斬新な趣向を凝らした傑作長編推理。


 久々のヒット作です!
あることが、気になってたんだけど、
やっぱり、それは犯人を意図してました。

 にしても、ややこしい名前やわぁ〜

 
  あの名前を普通に読んだら女性って思うよね(^^;
一瞬、レズかよって思った・・・。

 
posted by まー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

東野圭吾『回廊亭殺人事件』
Excerpt: 回廊亭殺人事件 (光文社文庫)東野 圭吾光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『回廊亭殺人事件』を紹介します。一ケ原高顕の遺言状が旅館“回廊亭”にて、一族の前で公開されることになった。一族..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2009-09-24 14:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。